リロケーションにおける税金の考え方

リロケーションで家を貸すと、たとえサラリーマンでも賃貸物件のオーナーとなり不動産所得を得ることが出来ます。そうなれば税金を支払うことが必要です。
普段は、会社が源泉徴収、年末調整で税金のことをやってくれるのですが、リロケーションは個人でやっているので自分で確定申告をすることになります。
ここで気になるのは、会社では副業禁止となっているので、もしかしたら不動産所得を得ることは駄目なのかということです。
そこで会社に問い合わせてみたところ、不動産所得は副業には当たらないということでした。
理由を聞くとアルバイトをしたり他の会社で働くのと違い、不動産所得の場合には自分の意思ではなく親から相続することで得ることもあるからです。
会社の問題が解決したところで、税金に話を戻しますが税金は不動産所得にかかるものですが、不動産所得イコール賃料というわけではありません。
なぜなら、リロケーションで貸し出すときにはリフォーム代やリロケーション業者などに支払う必要経費が発生するからです。
つまり賃料から必要経費を差し引いた額が課税の対象である不動産所得になります。
利益を考えるとき、不動産所得を少なくして課税額も減らす節税が出来るかどうかが重要なポイントだと認識しています。
例えば申告をするときには青色申告にしておけば、10万円の控除が適用されますし、確定申告のために会計ソフトを購入すればそれも経費に加えることが出来ます。
ただ、節税ということを考えると必ずしも不動産所得で黒字にする必要はないですね。
リロケーションでたとえ赤字になったとしても、それを損失ということで確定申告すれば、給料にかかる税金が控除されるので結果的に節税に繋がりますから。
もちろん、赤字にする経営というのは目指すべきものではないですが、失敗を気にすることなくなります。
私は賃貸経営の素人ですし転勤で離れた場所で暮らすことになるので、リロケーションのことにどれだけ力を注げるかわかりません。少なくとも税金については心配することがなくなるなら有難いです。