転勤するなら自宅は売却とリロケーションのどちらがよいのか

リロケーションのことを調べていくうちに、根本的な疑問を感じるようになりました。
それはリロケーションをすることは、家を手放すことに比べて本当に良い選択なのか、ということです。
手放してしまえば、転勤中に自宅のことを気にする必要はないし、転勤は一度きりとは限らないのだから将来落ち着いたときに購入しなおすことも選択肢としてはありえます。

リロケーションのメリットとデメリットをあげるならばメリットは「期間限定で家を貸すことが出来る」「賃料が手に入る」「転勤で家を手放すことはない」ということになり、デメリットは「期間限定ゆえに入居者が入りにくい」「賃料が普通の賃貸より安くなる」「リロケーション業者や税金などの必要経費がかかる」ことです。
対して家を手放すことのメリットとデメリットをあげるならメリットは「手元に大金が入る」「家が老朽化して値下がりする前に売ることが出来る」「転勤中の自宅の管理をする必要はない」ということで、デメリットは「売値が住宅ローンの残債よりも多い可能性がある」「将来土地が値上がりするかもしれない」ということがあります。

こうしてメリットとデメリットを箇条書きにしてみると、ポイントは自分の家を手放すことはないのか、お金の面で有利か不利か、ということに集約できます。
そしてお金のことも、多少の費用がかかっても自分の家ということにこだわる気持ちがなければ意味がありません。
つまり、私自身が、家にどれだけの愛着を持っているのかにかかっているのです。
私は家を自分の城であり、社会に認められていることの証明だと考えています。
これから数年間は転勤で住めなくなるとしても、購入するまでにいろいろ悩みつつも手に入れたときの喜びは忘れられません。
ずっと賃貸であれば、今住んでいる土地にこだわる必要はないでしょうが、一度根を下ろしたので天変地異やどうしても住宅ローンの返済が出来ないということならともかく、一時的なことにすぎない転勤で手放したくはない。
こう考えをまとめると、リロケーションが最善なようです。