リロケーションの管理費はどのくらいか

リロケーションでは面倒なことをリロケーション業者に任せることが出来ます。
ただし、それはボランティアではないので管理費や手数料という名目で料金を支払うことが必要です。
調べてみると賃料の10%〜15%が相場とされています。
リロケーションを依頼する立場としては、リロケーション業者への料金は出来るだけ抑えたいというのが本音です。
これより安くできないのかと考えてしまいます。
ところが、さらに詳しく調べてみるとリロケーション業者の料金は賃料の滞納保証や空き室保証などサポートがあることが影響していることがわかりました。
普通の賃貸であれば長期で利益を出せればいいので賃料の滞納、空き室に関するリスクが小さく管理費や割安になるのですが、リロケーションは転勤中「だけ」貸し出して賃料収入を得ることを目的としており、質がよく期間限定を受け入れれる入居者を探せるとはかぎらないのでリスクが大きく管理費が割高になる。
お金とリスクのバランスを考えて、ちょうど釣り合っていると思えるリロケーション業者を選ぶことがリロケーションで自宅を貸し出す賃貸経営の成功を決める鍵となりそうです。