転勤期間とリロケーションの契約

転勤では予定されている転勤期間が確実に守られるかどうかが不安です。
一応3年ということが決まっているのですが、遊びでいくわけではないのですから、なんらかの事情で転勤期間が延長しても文句を言うことなどは出来ません。
法律でも転勤期間延長の業務命令を出しても、なんら違法性はないとされています。
それでも、慣れない土地に長期間滞在し続けると精神的なストレスが限界に来る可能性もあります。
それに、自宅をリロケーションで貸すのであれば、その契約がどうなるのか気になります。
リロケーションは普通の賃貸契約と違い契約期間の延長が出来ない定期借家契約で貸すことになっています。
つまり、私が家に戻るまでもう少し入居者に住んで欲しいというなら再契約をすることになります。
再契約となれば事務手続きはリロケーション業者が代行してくれるとして、料金がかかるのでもったいない。
ただ、リロケーションの中には定期借家契約ではなく一時使用賃貸借契約で貸す業者もあり、その場合には自動で延長できるということなので、そのようなリロケーション業者に依頼すれば転勤延長の問題でリロケーションに対する不安は必要なくなるかもしれません。