住宅ローン返済中にリロケーションはできるのか

転勤が決まり、家の扱いでリロケーションをすることを検討するときに、大きな問題になりそうなことがあります。
それはまだ残っている家のローンです。
住宅ローンは自分が住む家に対して申し込むことが出来るローンですし、転勤中だからといってローンの返済を中断してくれということはまず認められません。
リロケーションは期間限定とはいえ他人に賃貸する形になるので、融資をしてくれている銀行が許してくれるかどうかわからないのに話を進めることも出来ないのです。
ただ、リロケーションについて調べてみると、住宅ローンの返済途中での転勤は例外的に認められる、という話もあります。
一方で、転勤であってもリロケーションをするのであれば、残りの債務は一括返済を求められる銀行もあるということで、私が住宅ローンを契約している銀行の対がどちらになるのかが鍵となります。
やってはいけないのは、銀行に無断でリロケーションをしてしまうこと。
その場合には、どのような理由があろうとも住宅ローンを金利の高い事業ローンや投資ローンに借り替えさせられるか、一括返済ということになるようです。

カテゴリ

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、2013年9月25日 20:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「リロ物件のいろいろ」です。

次のブログ記事は「査定下見とまとめ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。