2013年8月アーカイブ

結構人気物件になりそうな予感。。

祖父母の家は築年数は結構経ってるんですけど、
晩年体が言う事を聞かなくなった祖父のために色々リフォームをしておりまして、
結構新しい感じだし、バリヤフリーな箇所も多くなっているんですね。

例えば車椅子対応のスロープを玄関前に作ったり、
トイレやお風呂も段差を解消していたり、
立ったり座ったりする動作を減らすためにリビングやダイニングはフローリングにし、イスとテーブルの暮らしになっていました。

こういったリフォーム後の物件って結構人気らしく、
リロケーションするにしても借り手がつきやすいようです。
しかも、一軒家の場合は密集地帯でなければ楽器を演奏する人やペットを飼いたい人にも人気があるようで、
片田舎の祖父母の家は良いかもしれないよ〜と伯父にも話しました。
貸すにしろなんにしろお前に任せるわ〜と言われたので、
早速業者を探そうかと思います。

専門リロケーション業者と、知り合いの不動産にまずは相談してみようと思います。

税金は電子申告で

リロケーションで賃料収入を得るとなれば、その収益は不動産所得として確定申告をしなければいけません。
もし、確定申告をするのであれば書類を税務署で受け取ったりパソコンで印刷して必要事項を記入していくことになりますが、ネットに接続したパソコンがあるのでお得なe-Taxを利用する予定です。
e-Taxというのは税金に関する様々な手続きを電子的に処理することが出来るもので、確定申告で利用すれば税の控除が受けられたり書類で提出するよりも早く還付金がもらえるという特典があります。
それに24時間いつでも提出できるので、確定申告のように申告できる日程が決められていることにおいて税務署窓口が開いている時間を気にする必要がないので心の余裕をもって申告が出来るからです。

e-Taxをするためには、いくつか準備が必要です。
ネット環境のあるパソコン、電子証明書、ICカードリーダライタです。
ネット環境のあるパソコンはもちろんいまどきパソコンは持っていることが当たり前なので問題はなし。
ICカードリーダライタについては電子マネーの決済をするために以前から持っているのでこちらも問題はなし。
ないのは電子証明書というものです。
電子証明書はICカードの住民基本台帳カードを指すものだそうですが、普段身分証明書を求められたら自動車の運転免許証を提示していたので持っていません。
取得するためには、住民基本台帳カード交付申請書と写真、運転免所証などの身分証明書、手数料を持って役所に行くことが必要です。住民基本台帳カードが手に入ったらさらに電子証明書として使えるようにするために電子証明書発行申請書を申請してカードのICチップに情報を入れます。
この電子証明書の発行期限3年ということなので、1回の登録で確定申告3年分に使えます。
後は、国税庁のe-Taxのサイトから確定申告のセットアップツールをダウンロードして順番にインストールをしていけばe-Taxが出来る環境が整います。

準備は一度行えば、二回目からは簡単になるのでさらにe-Taxの魅力が増えるはずです。


税金とかの問題

何件かのリロケーション会社に相談メールを出してみました。
色々とネットで見たら中には不慣れな業者もあるようで、
まずは実績のある会社を探せといった内容が多いので、
大手と地元の企業にしました。

あと、知り合いの不動産にも相談をしましたら、
やはりこのご時世、売るとか通常の賃貸よりも短期借家として割安で貸す方が早いようでした。

一般的なリロケーションの費用というのは初期費用を除いて、
借り手がついた場合、賃料の10%くらいを手数料としてひいてもらって残りが所得となるようです。
私のようにサラリーマンの人は確定申告の際に申告する事で、
手数料や改修費用なんかも経費に入るため、所得税もそんなにかからないと聞きましたが、祖父母の家は伯父名義なのでどうなるんでしょうね。。。

とりあえず本格的に業者を決めた後、色々とその点も相談してみようと思います。
私の持ち家にするのにも贈与とか固定資産とか結構面倒な感じですよねぇ。
ただ、そういった税金関係や法的な相談も専門のスタッフがいるようなので安心して相談できそうです。

リロケーションの参考:http://www.the-relocation.jp/

祖父母の家が〜

今年は家を購入する人が増えているようですね。
アベノミクスの影響とか消費税アップ前にとか色々と皆さん考えているようですが、私も実は数年前に家を購入しました。

しかし、悩みが一つ・・・。
祖父母の家を管理していた伯父達が息子達と同居する事になり、
他県に引っ越すようで、実質私しか祖父母の家をみる人が居なくなるんですね。

私が住めば良いんですけどそうもいかないんで、
色々ネットで調べたところ賃貸として貸す方法と留守宅を管理してくれる方法というのを見つけました。
リロケーション会社という所で任せる事が出来るようです。

で、色々調べているうちにリロケーションについてかなり詳しくなっってしまいまして、ちょっとリロケーションについて独り語りしようと思います(笑)

伯父達にも話したら安心したようで、
「家は人が住まなくなったり人が手を加えないとすぐに傷むから、そういう方法があるならばよかった」と、言っておりました。
もし、留守宅管理をしてもらう場合は費用は伯父がもってくれるようですし、賃貸となる場合は賃料は私にくれるようです♪
あこがれの不動産所得!デスネ。。。

カテゴリ

ウェブページ

このアーカイブについて

このページには、2013年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2013年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。