リロケーションで家を貸すと、たとえサラリーマンでも賃貸物件のオーナーとなり不動産所得を得ることが出来ます。そうなれば税金を支払うことが必要です。
普段は、会社が源泉徴収、年末調整で税金のことをやってくれるのですが、リロケーションは個人でやっているので自分で確定申告をすることになります。
ここで気になるのは、会社では副業禁止となっているので、もしかしたら不動産所得を得ることは駄目なのかということです。
そこで会社に問い合わせてみたところ、不動産所得は副業には当たらないということでした。
理由を聞くとアルバイトをしたり他の会社で働くのと違い、不動産所得の場合には自分の意思ではなく親から相続することで得ることもあるからです。
会社の問題が解決したところで、税金に話を戻しますが税金は不動産所得にかかるものですが、不動産所得イコール賃料というわけではありません。
なぜなら、リロケーションで貸し出すときにはリフォーム代やリロケーション業者などに支払う必要経費が発生するからです。
つまり賃料から必要経費を差し引いた額が課税の対象である不動産所得になります。
利益を考えるとき、不動産所得を少なくして課税額も減らす節税が出来るかどうかが重要なポイントだと認識しています。
例えば申告をするときには青色申告にしておけば、10万円の控除が適用されますし、確定申告のために会計ソフトを購入すればそれも経費に加えることが出来ます。
ただ、節税ということを考えると必ずしも不動産所得で黒字にする必要はないですね。
リロケーションでたとえ赤字になったとしても、それを損失ということで確定申告すれば、給料にかかる税金が控除されるので結果的に節税に繋がりますから。
もちろん、赤字にする経営というのは目指すべきものではないですが、失敗を気にすることなくなります。
私は賃貸経営の素人ですし転勤で離れた場所で暮らすことになるので、リロケーションのことにどれだけ力を注げるかわかりません。少なくとも税金については心配することがなくなるなら有難いです。
リロケーションのことを調べていくうちに、根本的な疑問を感じるようになりました。
それはリロケーションをすることは、家を手放すことに比べて本当に良い選択なのか、ということです。
手放してしまえば、転勤中に自宅のことを気にする必要はないし、転勤は一度きりとは限らないのだから将来落ち着いたときに購入しなおすことも選択肢としてはありえます。

リロケーションのメリットとデメリットをあげるならばメリットは「期間限定で家を貸すことが出来る」「賃料が手に入る」「転勤で家を手放すことはない」ということになり、デメリットは「期間限定ゆえに入居者が入りにくい」「賃料が普通の賃貸より安くなる」「リロケーション業者や税金などの必要経費がかかる」ことです。
対して家を手放すことのメリットとデメリットをあげるならメリットは「手元に大金が入る」「家が老朽化して値下がりする前に売ることが出来る」「転勤中の自宅の管理をする必要はない」ということで、デメリットは「売値が住宅ローンの残債よりも多い可能性がある」「将来土地が値上がりするかもしれない」ということがあります。

こうしてメリットとデメリットを箇条書きにしてみると、ポイントは自分の家を手放すことはないのか、お金の面で有利か不利か、ということに集約できます。
そしてお金のことも、多少の費用がかかっても自分の家ということにこだわる気持ちがなければ意味がありません。
つまり、私自身が、家にどれだけの愛着を持っているのかにかかっているのです。
私は家を自分の城であり、社会に認められていることの証明だと考えています。
これから数年間は転勤で住めなくなるとしても、購入するまでにいろいろ悩みつつも手に入れたときの喜びは忘れられません。
ずっと賃貸であれば、今住んでいる土地にこだわる必要はないでしょうが、一度根を下ろしたので天変地異やどうしても住宅ローンの返済が出来ないということならともかく、一時的なことにすぎない転勤で手放したくはない。
こう考えをまとめると、リロケーションが最善なようです。
リロケーションでは面倒なことをリロケーション業者に任せることが出来ます。
ただし、それはボランティアではないので管理費や手数料という名目で料金を支払うことが必要です。
調べてみると賃料の10%〜15%が相場とされています。
リロケーションを依頼する立場としては、リロケーション業者への料金は出来るだけ抑えたいというのが本音です。
これより安くできないのかと考えてしまいます。
ところが、さらに詳しく調べてみるとリロケーション業者の料金は賃料の滞納保証や空き室保証などサポートがあることが影響していることがわかりました。
普通の賃貸であれば長期で利益を出せればいいので賃料の滞納、空き室に関するリスクが小さく管理費や割安になるのですが、リロケーションは転勤中「だけ」貸し出して賃料収入を得ることを目的としており、質がよく期間限定を受け入れれる入居者を探せるとはかぎらないのでリスクが大きく管理費が割高になる。
お金とリスクのバランスを考えて、ちょうど釣り合っていると思えるリロケーション業者を選ぶことがリロケーションで自宅を貸し出す賃貸経営の成功を決める鍵となりそうです。

リロケーションの賃料の決め方

リロケーションにはいくつかメリットがありますが、賃料がもらえることは住宅ローンを返済している身にとっては有難いことです。
でも賃料は果たしてどの程度もらえばよいのか。
私個人の考えとしては、毎月返済してい住宅ローンの費用を超えるのであればそれでよいと考えています。
でも、実際には住宅ローンより高いかどうか、ということではなく、地域の賃貸物件や契約しているリロケーション業者の相場によって決定されるのですよね。
ただ、リロケーションは契約期間が満了したら、すぐに退去してももらわなければ私が家に戻ることができないので、その不便さから多少賃料を下げなければならないので、大きく稼ぐことは期待できません。
それに、もし入居者が見つからない場合、賃料を下げることも良くあるようです。
リロケーションだから賃料を下げることは受けいれられるでしょうが、人が入らないから賃料を下げるというのはファーストフードの値下げみたいで若干抵抗があります。

リロケーションをするために、リロケーション業者を選ぼうというときに、一つに絞るのは大変です。
そこでやるべきだと考えているのは、かくリロケーション業者に資料請求をすることです。
資料では、サービス内容や管理費などリロケーションの内容を知ることが出来ますし会社ごとにことなる社風・特徴を資料の構成から推測することが出来ます。
ネットでも合う程度調べることは出来ますが、ネットは不特定多数の人に見てもらうために若干あいまいな部分があります。
対して資料は具体的にリロケーションに興味がありなんらかのアクションを起こそうとしている人が見るものです。
ネットには掲載されていない情報が掲載されている可能性があります。
それに、ネットでは画面が小さいので何社も同時に情報を見るのは大変です。
その点資料なら、テーブルや床に並べてみることができ比較検討がしやすくなります。
私が注目したいのは、サービスや料金が適正かどうか、という点です。
賃貸ではなくリロケーションという言葉を使うことで、まったく未知の存在のように感じますが、何社も比べていけば最低限必要なサービスや標準の料金が見えてきます。それでも疑問に思うことがあれば、電話なりメールでリロケーション業者に質問をすればよいのです。

転勤期間とリロケーションの契約

転勤では予定されている転勤期間が確実に守られるかどうかが不安です。
一応3年ということが決まっているのですが、遊びでいくわけではないのですから、なんらかの事情で転勤期間が延長しても文句を言うことなどは出来ません。
法律でも転勤期間延長の業務命令を出しても、なんら違法性はないとされています。
それでも、慣れない土地に長期間滞在し続けると精神的なストレスが限界に来る可能性もあります。
それに、自宅をリロケーションで貸すのであれば、その契約がどうなるのか気になります。
リロケーションは普通の賃貸契約と違い契約期間の延長が出来ない定期借家契約で貸すことになっています。
つまり、私が家に戻るまでもう少し入居者に住んで欲しいというなら再契約をすることになります。
再契約となれば事務手続きはリロケーション業者が代行してくれるとして、料金がかかるのでもったいない。
ただ、リロケーションの中には定期借家契約ではなく一時使用賃貸借契約で貸す業者もあり、その場合には自動で延長できるということなので、そのようなリロケーション業者に依頼すれば転勤延長の問題でリロケーションに対する不安は必要なくなるかもしれません。

リロケーション中の管理

リロケーションをするとなれば、貸して終わりではありません。
その間賃料の徴収をしたり家が壊れたときに修理の手配などやることは山ほどあります。
でも、私は転勤しているわけで、何かあったときにすぐに家に戻れるわけではありません。
普通、リロケーションではそのような雑務は全てリロケーション業者が代行してくれるという話です。
実のところ、もし家が壊れたときなどにすぐさま修理業者を手配できるようなツテがあるわけでもないし、入居者のトラブルが起きたときに親切・丁寧に対応しつつも決断するときには断固たる意思を見せるということが出来る自信はありません。
他人に家を貸すという経験がないので、何が適切なのかわからないところが多いのです。
しかし、リロケーション業者に全て任せることが出来れば、プロですから遺漏のないように対処してくれると期待できます。
無論、全て任せきりとしても家の現状は把握していることは必要です。
その点、定期報告を確かにしてくれるのであれば安心です。

誰なら自宅を貸せるか

リロケーションでは、期間限定とはいえ大事な家を他人に住まわせることになります。
家を傷つけたり最低限の掃除やごみ捨てをしない、隣近所の住民に騒音や異臭などのトラブルを引き起こす。
こんな入居者には絶対に家を使わせたくありません。
その点で、リロケーション業者を仲介して入居者の募集を行えば、質の悪い入居者に当たることも少ないようです。
なぜなら、社員用の社宅などのために物件を探している企業とリロケーション業者が契約しているので、入居者募集の際には会社の看板を背負った人が入居者の候補になるからです。
個人ではなく会社が契約しているとなれば、入居者も乱れた生活もしにくくなり、ある程度信用しやすくなります。
もちろん、普通の賃貸同様に不動産屋などでも入居者の募集は行いますが、その場合でも厳正な審査が行われ、選ばれた人だけが私のところに入居者候補として情報が届くのでトラブルが起こる可能性は減らすことができます。
それでも、トラブルになる可能性はゼロではありませんが、それはリロケーションを行うときには避けられないリスクです。
世の中、いいとこどりということはなかなかありません。

査定下見とまとめ

いよいよ祖父母の家の査定です。
下見に一緒に行きます。

久しぶりに見たら、やっぱり懐かしいですね。

ここに誰か住むのか〜と思うと妙な感じですけど、
せっかくだから使って欲しいです。

ちょっとだけ治した方が借り手がつきやすいんじゃないかなとおもう箇所もありました。
スタッフの方のお話だとリフォームも出来るようで、
気になる場所があればなおしたほうが需要は確かに高くなると言ってました。

これから家賃や敷金礼金の設定、
そしてネットなどでの賃貸物件としての記載がはじまるわけですが、
その前に治して写真を撮ってからネット上に載せるそうです。

で、借り手がつかない間は家の管理もしてくれるそうで、
月1度の巡回で1万円ちょっとの費用だそうです。

あと、出来ればウォシュレットを新しいものにしたり、
駐車場込みでの家賃にしたりと色々と作戦を練るともっと良いらしく、一緒にそこは思案してくれるそうです。
ホッとしましたあ。。。

マンションですと共同スペースがあったり、
マンション自体の決まりもあるので難しい事も出てくるんですが、
一軒家だとペットOKにしたり(キズがついてしまっても原状回復できるし借り手負担になるので心配いらない)、庭の祖母の畑だったスペースをそのまま畑使用OKにしたりする事でもっと魅力のある物件になるかなと思っています。

今の時代エコとかロハスとか自然派の人が多いんで、
ちょっと片田舎の一軒家はUターンの人とかIターンの人にも人気がありますので、もし空家になりそうな田舎の家をお持ちならばリロというのも良いですよ。

よく昔は廃校になった学校を借りて物を作る芸術家がいましたが、
そういう物づくりをする人のアトリエとしても契約された田舎の一軒家があるとスタッフは話してましたし、色々な用途に使って貰えることもありますね。
今回の経験でつくづく家は財産という言葉に納得しました。
比較的今年は家が売れる年ですけど、また売却という手段が難しい年がやってくると思います。
その時にリロケーションという方法を是非考えてみてはいかがでしょうか。

転勤が決まり、家の扱いでリロケーションをすることを検討するときに、大きな問題になりそうなことがあります。
それはまだ残っている家のローンです。
住宅ローンは自分が住む家に対して申し込むことが出来るローンですし、転勤中だからといってローンの返済を中断してくれということはまず認められません。
リロケーションは期間限定とはいえ他人に賃貸する形になるので、融資をしてくれている銀行が許してくれるかどうかわからないのに話を進めることも出来ないのです。
ただ、リロケーションについて調べてみると、住宅ローンの返済途中での転勤は例外的に認められる、という話もあります。
一方で、転勤であってもリロケーションをするのであれば、残りの債務は一括返済を求められる銀行もあるということで、私が住宅ローンを契約している銀行の対がどちらになるのかが鍵となります。
やってはいけないのは、銀行に無断でリロケーションをしてしまうこと。
その場合には、どのような理由があろうとも住宅ローンを金利の高い事業ローンや投資ローンに借り替えさせられるか、一括返済ということになるようです。